Tag Archives: Murano Glass

菰田和世の作品集の出版記念展にJ+Iアイテムも展示されます / Kazuyo’s J+I items will be shown at the Fondazione Achille Castiglioni

以前この欄で紹介しました菰田和世の作品集の出版を記念した展示会が、ミラノ市内の故アキーレ・カスティリオーネ氏のスタジオにて開催されます。他のたくさんの作品と一緒に、J+I Collectionのための作品たちも展示されます。

The Achille Castiglion Foundation became a host of a book launch for Hachette – a monogram of Kazuyo Komoda, which was recently published.  At the book launch, many of Kazuyo’s projects will be shown in the space, which includes J+I Collection objects.

komoda-buoebe-e-belliHACHETTE-KOMODA

Date: 12-18 November 2013
Venue: The Fondazione Achille Castiglioni
Piazza Castello 27, Milano

展示期間は2013年11月12日から18日までです。
スタジオに入るための見学料が必要です。

この展示会に関連する記事がDomus Webにも掲載されました。

There is an article about this exhibition and Kazuyo’s career on Domus Web.

azusa-03verde-mini
Komoda_Crocetta_1

2 J+I items are sold on-line / ムラノガラスの2作品がオンラインで買えます

At YourMurano online shop, you can now order following two items from J+I.

J+I から生まれた2つの作品が、オンラインショップの YourMurano で買えるようになりました。

**

Mamezara / blue by Kaori Shiina for Ercole Moretti / 椎名香織の『Mamezara』

shiina_mamezara

**

Red Fram by Shinobu Ito for Ercole Moretti / 伊藤志信の『Red Fram』

ITO-FRAM02-HIGH

**

6 items from Riva1920 are ready to take order, too.  Please refer more detail from our Shop J+I page.

Riva1920のためにデザインした6つのスツールも、それぞれが注文をお受け出来るようになっています。詳細は Shop J+I をごらんください。

J+I Riva1920

test piece in Murano / ムラノで試作中

NM01

I, Tomoko Azumi, have visited NasonMoretti factory in Murano, saw the test pieces had made for my prototype.  The picture above is a test ‘Murrina’ canes, especially made for this range of products.

This piece is firstly heated, then mounted in the bottom of hot chunk of melted glass, to be shaped, which is blown into a mould.  After 3 hours of cooling down, the top part is cut off to be a drinking vessel.

NM02
NM03
NM04

After a few trials, we found correct location of the Murrina and discuss about the final shape of the vessels.  Now I pray the proposed shape will be good, together with the final colour of Murrina.

***

ヴェネツィアから水上バスで30分ぐらいの距離にあるムラーノ島。たくさんのガラス工場があるこの島に滞在し、NasonMorettiでの試作を見ました。

一番上の写真が、このセットのために試作されたモリーナと呼ばれるガラス片です。これを熱して、グラスを作るための溶けたガラスの塊の底にそっとくっつけます。さらにガラス素材を少量足したのち、少しだけ息を吹き込みながら形を整えたまだ熱いガラスを型に入れ、チューブの先から息を吹き込み成形します。3時間後に、触れるくらい冷えたところで吹き込み口を切り取って、試作のグラスが出来上がりました。

まだ吹き込み用の型は最終ではなく、モリーナの位置を決めたり色を話し合ったりして、最終のプロトタイプとはミラノの展示会場で出会うことになります。不安ではあるけれど、あとは職人さんたちの腕とセンスを信じて、わたしが考えた以上に素敵なプロトタイプが出来上がるのを祈るのみ!なのでした、、。(安積朋子)

NM05

Ercole Moretti in Murano / ガラス工場・その2

We have visited another factory, Ercole Moretti, a specialist using traditional Murrine canes.  Kaori Shiina and Shinobu Ito are working with them to develop new products for the exhibition.

EM01
EM02
EM03
EM04
EM05
EM06
EM08
EM07
EM10

「ムリーネ」と呼ばれる、ガラスの細い管から切り出す模様を使った加工を得意とする、Ercole Morettiという会社を訪問しました。切り出した模様を並べてオーブンに入れ、溶けてくっついた板をやすりで平にした後、皿形の土台に置いてもう一度火にかけ成形する手法です。

椎名香織と伊藤志信の作品が、この工房から生まれます。

 

factory visit in Murano / ムラノのガラス工場で打ち合わせ

murano11

We have visited one of the Murano glass factories – Pino Signoretto, where the skilled masters are making artistic sculptural works.  Even in winter the door of the main factory was wide open, several crafts people were working near the heated melting kilns.  Kaori’s pieces are under development with them.

雪が降った翌日の見事な青空を見ながら、ムラノ島で彫刻的なガラス工芸を専門とする「Pino Signoretto」を訪ねました。この寒さでも工房のドアは開け放たれ、ガラス職人たちが汗をかきながら、たくさんの色のガラスを重ねて作品を作っていました。椎名香織のプロダクトが、この工場から生まれます。

murano12
murano14
murano15