Category Archives: work in progress・開発中です

test piece in Murano / ムラノで試作中

NM01

I, Tomoko Azumi, have visited NasonMoretti factory in Murano, saw the test pieces had made for my prototype.  The picture above is a test ‘Murrina’ canes, especially made for this range of products.

This piece is firstly heated, then mounted in the bottom of hot chunk of melted glass, to be shaped, which is blown into a mould.  After 3 hours of cooling down, the top part is cut off to be a drinking vessel.

NM02
NM03
NM04

After a few trials, we found correct location of the Murrina and discuss about the final shape of the vessels.  Now I pray the proposed shape will be good, together with the final colour of Murrina.

***

ヴェネツィアから水上バスで30分ぐらいの距離にあるムラーノ島。たくさんのガラス工場があるこの島に滞在し、NasonMorettiでの試作を見ました。

一番上の写真が、このセットのために試作されたモリーナと呼ばれるガラス片です。これを熱して、グラスを作るための溶けたガラスの塊の底にそっとくっつけます。さらにガラス素材を少量足したのち、少しだけ息を吹き込みながら形を整えたまだ熱いガラスを型に入れ、チューブの先から息を吹き込み成形します。3時間後に、触れるくらい冷えたところで吹き込み口を切り取って、試作のグラスが出来上がりました。

まだ吹き込み用の型は最終ではなく、モリーナの位置を決めたり色を話し合ったりして、最終のプロトタイプとはミラノの展示会場で出会うことになります。不安ではあるけれど、あとは職人さんたちの腕とセンスを信じて、わたしが考えた以上に素敵なプロトタイプが出来上がるのを祈るのみ!なのでした、、。(安積朋子)

NM05

foundry visit / 鋳造場へプロトタイプを見に行きました

Fonderia Campagner-01

アルミ鋳造していただいたという連絡が入り、ミラノ郊外にあるSenagoへ進行中のプロトタイプを見に行きました。私(安達)の作品は鋳造後溶接の必要があるので、溶接する位置や角度をオーナーのDavide Campagnerさんと相談。次回訪問時にチェックするのかと思いきや、なんと説明後すぐに溶接してくださいました。お忙しい中、ありがとうございます。

***

We visited Fonderia Artistica Campagner to check my prototype. As my prototype consists of a few parts in sand casted aluminium, we discussed where and in which angle to weld the parts together. The owner Davide Campagner started to weld one by one as soon as the decisions are made. Thank you for the quick and precise work.

Sono andata a Murano per vedere il primo prototipo / ムラノにプロトタイプを見に行きました

murano pino signoretto 1
murano pino signoretto 3
murano pino signoretto 4

最初のプロトタイプを見に、ムラノに行ってきました。
私(椎名)の作っている花瓶。形はいたって単純なのですが、実はすごく作るのが難しいそうです。
そこで、回ってきたのが、ムラノの有名なマエストロ Pino Signoretto。
プロトタイプが、渡してあった図面と全く同じでびっくり…
息子さんに「どうやって吹いたのだろう?」と聞いたら、しばらく花瓶を手にして考えてた息子さん、「わからない」と言いました!
帰りに、マエストロに挨拶したくて工房に寄ったら、わざわざ立ち上がって話に来てくれました。
思わずどきりとしてしまう、おおらかな笑顔。
「お前があの面倒くさいものをデザインしたのか!」と、思っていただろうな~。何も言わなかったけど。

***

Sono andata a Murano per vedere il primo prototipo.
Il vaso che ho disegnato, ha una forma molto semplice ma mi hanno detto tutti che è molto difficile da soffiare. Infine è arrivato un grande maestro ad eseguire il pezzo, Pino Signoretto.
Entro in ufficio e vedo il prototipo….Uguale di disegno!!!
Ho chiesto a suo figlio “come ha soffiato il suo padre?”
Lui pensa un momento tenendo il vaso a mano…. poi mi risponde “non lo so !”
Prima di andare via, sono passata a salutare il maestro.
Il suo sorriso grande mi ha emozionato.
…….forse sta pensando ” sei tu che hai disegnato un vaso cosi complicato?”….ma invece sorrideva e basta.

dark blue for our logo / ロゴは紺色になりました

We have decided the colour of our logo – Dark Blue.  This colour evokes the memory of girl’s school uniforms in Japan.  Somehow, our getting together to travel to artisan factories makes us think about school trips…

logo colour

J+Iのゴロの色が紺色に決定しました。記憶の片隅に残る、制服の色を思い出しながら。車や列車、水上バスを乗り継いで職人さんの工場を訪れる女子の旅は、遠い昔に級友たちと行った社会見学のことを思いださせるのでした、、、。

visit Sampietro metal factory / 鉄工場の見学

We visited Wrought Iron fabricator Sampietro, to discuss future project and check a few prototypes.

Shinobu Ito and Sakuda Adachi are realizing project with them.

sampi07
sampi08
sampi01
sampi02
sampi03
sampi04
sampi05
sampi06

錬鉄の門扉や照明器具などを作る専門の工場 Sampietro を訪問しました。わたし(安積朋子)は初めての訪問なので、工法について学んで将来アイデアを出すためですが、制作中のプロトタイプもいくつか進行中です。

伊藤志信と安達さくらの作品が、この工場から生まれる予定です。

Ercole Moretti in Murano / ガラス工場・その2

We have visited another factory, Ercole Moretti, a specialist using traditional Murrine canes.  Kaori Shiina and Shinobu Ito are working with them to develop new products for the exhibition.

EM01
EM02
EM03
EM04
EM05
EM06
EM08
EM07
EM10

「ムリーネ」と呼ばれる、ガラスの細い管から切り出す模様を使った加工を得意とする、Ercole Morettiという会社を訪問しました。切り出した模様を並べてオーブンに入れ、溶けてくっついた板をやすりで平にした後、皿形の土台に置いてもう一度火にかけ成形する手法です。

椎名香織と伊藤志信の作品が、この工房から生まれます。